北アルプス水晶岳ヘリ墜落事故 ・主なトピックス、政治、社会、事件と事故、教育、医療と福祉、気象と災害など様々な出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス水晶岳ヘリ墜落事故


座席の脱着把握せず=アカギヘリ、安全管理不備認める-墜落事故 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000111-jij-soci 北アルプス水晶岳(富山市)のヘリコプター墜落事故で、事故機を運航していたアカギヘリコプター(前橋市)の富岡六郎社長が11日、国土交通省で記者会見し、以前から座席の脱着は機長任せで、会社は把握していなかったことを明らかにした。事故機は座席の一部が取り外され、犠牲者を含む3人が床に座っていたことが判明しており、富岡社長は「会社の安全管理体制について責任がある」と陳謝した。  
会見した富岡社長と五十井忍運航部長によると、同社では請け負った作業内容は「運航仕様書」に記載し、運航部長が乗客や荷物の数量などを決裁。内容を機長に伝えた上で飛行命令を出していたが、機長が人数分の座席を確保しているかは確認していなかったという。  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000111-jij-soci 引用:yahooニュース いい加減なことしてますね。 命を預かってるという責任が無いですね。 ヘリコプター運行の料金を下げてたんでしょう。 安易に考えすぎだ。
スポンサーサイト
Copyright © 国内ニュース速報24 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。