誰もが好き"マンゴー"の秘密・主なトピックス、政治、社会、事件と事故、教育、医療と福祉、気象と災害など様々な出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰もが好き"マンゴー"の秘密


 人気ものマンゴーの秘密 最近はマンゴーでも安いもので200円からあるそうですが、 生で食べるならある程度の値段で選んだほうがいいと思いますね。 たぶん安いものは外国産だと思います。 でも、はっきり言って沖縄産などの国産を食べると外国産の安いマンゴーはきっと食べられなくなりますよ。 じつは私がはじめてマンゴーを食べたのは沖縄県産のもので、その後に外国産の安いものを試したもんであまりの差にショックでした。
いまやパフェやスイーツの分野ではイチゴやバナナに追いつく勢いで、進物用としてはメロンを抜く人気だ。マンゴーのことである。1個2万円近くする高級品もあるが、スーパーには200円程度で手に入る庶民的な輸入モノも売っている。最近は加工品の種類もどっと増えた。ブームの背景を追った。 ●スーパー、コンビニに新商品がズラリ  スーパーやコンビニの飲料コーナーをのぞくと、マンゴー関連商品がいっぱいだ。  ジュースにプリン、ヨーグルトに加え、果肉入りジュース、お酒売り場には缶入りのカクテルも並ぶ。ドライフルーツも手に入るし、アイスクリームのハーゲンダッツは季節限定で“マンゴー味”を投入したばかり。地下鉄など駅構内で、ドデカイ広告を目にした人も多いはずだ。 「加工品が増えたのは、南半球に加え、ここ1、2年でブラジル、インドなどが輸入解禁になり、通年で手に入るようになったことが大きな理由です」(輸入業者)  マンゴーそのものが1個数百円の手ごろな価格で、スーパーで手に入るようになったのもこのためだ。結果、お父さんたちにも認知度は一段とアップした。まさにマンゴーブーム到来と言っていい雰囲気だ。 ●千疋屋総本店「マンゴーカレー」  キッカケをつくったのは女性たち。あの独特の濃厚な味に彼女たちが飛びついたのだ。 「もともとデザートやパフェに使われてはいましたが、2、3年ほど前からスイーツ関係で使用頻度が増え、女性たちの中で一気に認知度が高まった格好です」(日本橋「千疋屋総本店」粟原営業本部長)  店頭にはプリンやシャーベット、杏仁仕立てのマンゴーのほかに桐の箱に入った宮崎産の高級品もあった。取材日の価格は1個1万5000円ナリ。贈答用で1日5、6個は売れるという。  もっとも、サラリーマンにはスペシャルマンゴーカレーの方がお馴染みか。ちょっと甘めのこの品は、20年たった今でも「日本橋だけで1日150食ほど出る」(粟原氏)人気メニューだ。 ●二日酔いにも効く  季節的には4、5、6月が旬だというから、これからがオイシイ時季だ。 「マンゴーはβ―カロテン、ビタミンC、ビタミンE、葉酸などを含みます。とくにβ―カロテンは、がん予防や老化防止効果が期待できるので中年サラリーマンにオススメ。二日酔いの朝などに甘いマンゴーをとるのもいいし、ゴマ油やオイスターソースで野菜と和えて中華・エスニック風のサラダにするのもいいでしょう」(管理栄養士・検見崎聡美氏)  価格的には、輸入モノなら手が出せそう。ブームに乗って食べてみますか。 引用;ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 国内ニュース速報24 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。