ライス長官がシリア外相と会談、イラン外相ともあいさつ・主なトピックス、政治、社会、事件と事故、教育、医療と福祉、気象と災害など様々な出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライス長官がシリア外相と会談、イラン外相ともあいさつ


ライス長官がシリア外相と会談、イラン外相ともあいさつ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000116-yom-int 【シャルムエルシェイク=貞広貴志】イラク安定化に向けた国際会議出席のためエジプトを訪問中のライス米国務長官は3日、同じく会議に参加したシリアのムアッレム外相と約30分間にわたり会談した。  
米ブッシュ政権はこれまで、シリアが「イラクなどでのテロを支援している」と非難してきており、両国の閣僚レベルが会談するのは2005年2月のレバノンのハリリ元首相の暗殺以来、初めて。  ライス長官は会談後、記者団に対し、「外国テロリストがシリア国境経由でイラクに流入するのを阻止するよう要請した」と述べた。  ムアッレム外相は「会談は率直かつ建設的だった。イラクの現状について、どうすれば安定が達成できるかを協議した」と語った。会議筋は、「イラクとシリアの国境問題以外に、米・シリアの2国間関係についても取り上げられた」としている。 引用:yahooニュース ライス米長官とイラン、シリア外相が会談した。 約2年ぶりのことに驚きを禁じえない。 おそらくアメリカの余力が少ないために、できるだけ敵を作りたくないっていうのが本音なのではないだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。