中国株式市場のバブルについて懸念=人民銀行総裁 ・主なトピックス、政治、社会、事件と事故、教育、医療と福祉、気象と災害など様々な出来事を独自の視点で書いていきます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国株式市場のバブルについて懸念=人民銀行総裁


中国株式市場のバブルについて懸念=人民銀行総裁 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000437-reu-bus_all
中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は6日、 当地で開催された国際決済銀行(BIS)定例中央銀行総裁会議の場で、中国株式市場のバブルについて懸念しているとした上で、 人民銀行はインフレと共に資産価格の動向を監視していると述べた。 中国株式市場の主要な指数である上海総合株価指数は、 2006年初頭から約235%上昇している。 年初来の上昇率は40%以上。ただ、やや不安定な動きも見せており、 2月末に9%急落した際には、世界同時株安の引き金となった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。